FC2ブログ
栞1_181203_0015

「朝食は電車のなか」②

2019年01月31日
0
短編小説
男は仕事を終え帰宅しベッドへ横たわり目を閉じると、
今朝の出来事を思い返した。

電車に乗っていた彼女のこと・・
黒のロングヘアーが優雅に揺れながら
ローズレッドの艶やかな唇、

首元に寄り添うピアスはキラリと輝き・・上品な香りが放つ
そのすべてが癒しとなり、豊満なお尻に思わず手を伸ばしてしまった

そして、強引に連結車両連れていかれ、冷たく見下ろされて叱られたこと。



ドックン、ドックン、ドックン!!



男の瞼はバッと開き、胸の鼓動が全身に響きわたりざわつき始めた。
緊迫した連結スペースの中に香り、口調、目線、そして命令されたことを思い出した

「僕はあす、何をされてしまうんだろう・・」

服従と恐怖の境目を去来し
愛おしき背徳感におそわれる
矛盾だらけの出来事にまだ理解できずに・・
なぜか下半身が隆起し始めた。

気が付くと右手が自身の陰茎を強く押し抑えていた。


僕の体はいったい、どんなってるんだ?



つづく









スポンサーサイト
[PR]

Shiori
Posted by Shiori

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply